たこ焼き屋にあこがれて転職しちゃいました。|趣味を求め転職するmbpress

たこ焼き屋にあこがれて転職しちゃいました。

町中にひっそりと佇んでいるように存在しているたこ焼き屋に目を奪われ転職しちゃいました。

アルバイトからのスタート

アルバイトをしようと思ってはいるが、何のアルバイトをしようか考えて求人誌を見ている時であった。こんな場所に店があるのかと思うようなマンションが立ち並ぶ一角にその店はあった。おばあちゃんが一人でしているが少しの間だけでも、販売量が半端なく多いことがすぐに分かった。一皿8個で値段が50円であった。大量に買う人がいてもそれは、納得が出来る。私も、欲しくなり購入しました。おばあちゃんと話をしていると、スタッフがいた時もあったが、人件費にそこまでお金を使えないので求人を出すことも無く、一人でしていると話していました。

私はボランティアではないですが、週に何回かそこでお手伝いをするということで転職することにした。その代わり、おばあちゃんに、違う仕事を紹介してもらうことを約束してもらいました。

恩人から新たな転職先を聞き出す。

おばあちゃんの話を聞いていると、様々な人脈を持っているような話をしていたので、何もしていない今よりましだと思いおばあちゃんに提案したところ快くでは、無いかもしれないが了解してくれたので、私は、週に3回だけ店でお手伝いをすることにしました。たこ焼き屋のお手伝いといっても、具材を入れたものを調合して混ぜるだけであった。だが、この単純な簡単な作業が、腰にかなりの負担をかけることを、転職して始めて分かったのでした。

作者情報

色々転職を経験した私だからこそ伝えられるものがあるのではないかと思い、話を綴ってきました。少しでも役に立てれば嬉しいです。

名前:岸 梨栄

趣味:ネットサーフィン

© 2018 mbPress All Rights Reserved.