「彫刻」を元に求人に応募する。|趣味を求め転職するmbpress

「彫刻」を元に求人に応募する。

彫刻について紹介

彫刻をはじめたのは、高校生の頃。とても好きな世界となり、大学は美大にすすみました。多くの作品に触れ、自分自身も作品を作り、その道で芸術家としてやっていけるか……なんて軽く考えていたんですが、世の中そんなに甘くはありません。なかなか道は厳しく、断念。彫刻は趣味としてしまっておくことに決め、普通に会社員として就職することになったんです。

この趣味にハマった理由

ハマったきっかけは、黙々と集中できる作業だから、でしょうか。最近はいろいろうるさいものが多すぎます。そんな喧騒から離れることのできる時間を持つことは、自分自身のためにも良い事だと感じることができたんです。

この趣味を何故「伝統芸術彫刻館」に活かそうと思ったか

mbpressの求人広告欄にて、伝統芸術彫刻館で彫刻技師のアシスタント募集の掲載を見かけたんです。その時、「彫刻家として生きていくためには、選択肢は芸術家だけではない。このような堅実な仕事がちゃんとあるんだ!」と気付かされ、すぐに面接希望のお電話をし、採用が決まり、転職することになったんです。

実際に就職してみてどうだったか

仕事にすることで見えてくる彫刻の奥深さも知ることができ、いまは新たな発見の中で充実した日々を過ごしています!まだ、見習いの立場なので、難しいことを一人ですることは出来ないのですが、先輩方の素晴らしい技術を間近で見ることができるので、「いつかは自分も!」という夢が大きく膨らみますね!

作者情報

色々転職を経験した私だからこそ伝えられるものがあるのではないかと思い、話を綴ってきました。少しでも役に立てれば嬉しいです。

名前:岸 梨栄

趣味:ネットサーフィン

© 2017 mbPress All Rights Reserved.