「安藤和則」が語る真実|趣味を求め転職するmbpress

「安藤和則」が語る真実

転職する前にしていた仕事。

Mbpressが安藤和則さんに転職談を取材!どんなお話しが聞けるでしょうか?! ベストシャッターという各種写真を扱う会社にて、カメラマンをしていました。夢であり、何回かは自分自身の写真が売れたこともあったのですが、販売枚数的に、生活できるレベルに持って行くのは、今後、どう頑張っても難しいことだと判断するに至ったのです。この世界、歩合制なんですね。売れればお金になりますし、売れなければ一銭にもならない。逆に撮影費用など持ち出しの状態となってしまうんですよね。

転職しなければならなかった理由

やはり、思った以上に収入が得られない……という点ですね。努力すればどうにかなる、という世界でも無いんですね。運も有りますし、後ろ盾もあります。いろいろな物が揃った上での一枚……でないといけないものなんですよ。厳しいですね。これに、今後の人生すべてをかけてしまうのは、少し怖いなと思った次第なんです。

転職して思った後悔

私にとってカメラ・写真とは、仕事では趣味にするべきなんだと、判断しました。なので、今でも辞めた訳ではなく、趣味では撮り続けています。もし、何らかのコンテストなどがあれば、出してみたいとは思っています。しかし、それは単に好奇心として。仕事にすることは、今後無いと思います。いま、新しく就いた仕事を、今度はきっちりとこなしていかなくちゃいけないと感じていますから。

作者情報

色々転職を経験した私だからこそ伝えられるものがあるのではないかと思い、話を綴ってきました。少しでも役に立てれば嬉しいです。

名前:岸 梨栄

趣味:ネットサーフィン

© 2017 mbPress All Rights Reserved.