家を見るのが趣味な私はハウジングアドバイザーへ転職しました。|趣味を求め転職するmbpress

家を見るのが趣味な私はハウジングアドバイザーへ転職しました。

一人暮らしや新卒の方に、これから明るい未来を期待している若い世代の人達に、希望を聞きベストな家を提案する。そういった仕事をにつくまでのストーリー

 

 

転職する前の仕事に不満があったわけではない。

転職する前はWeb制作のアシストをしていました。歯医者さんのホームページを作るため先生が言っている事をテキスト化し、それをコーディングしている人へ渡すという仕事を私はしていました。ここでの仕事はWeb制作と言われるにも関わらず私のようにワードやエクセルしか使えない人でも転職するのを受けれてくれたのです。今となっては感謝なのですが、私は小さい頃から家を見ることが好きだったのです。

 

家を見るきっかけは「ビフォー・アフター」

あの有名テレビ番組「ビフォー・アフター」を見て私は家が好きになったのです。どんなに崩れそうな家でも必死に住んでいる人を守ろうとする姿に心打たれたのです。私はそうした家を見るのが好きになりました。特にリフォームを下ばかりの賃貸が好きで、よくコアな雑誌を読んで「この家住みたいなぁ」と思っていたのです。

 

そして転職へ

そういった思いが強い中私はたまたま引っ越しを考えていていたらネタアンパンショップと言われる賃貸住宅案内会社と出会いました。そしてここに転職しようと思ったのです。

作者情報

色々転職を経験した私だからこそ伝えられるものがあるのではないかと思い、話を綴ってきました。少しでも役に立てれば嬉しいです。

名前:岸 梨栄

趣味:ネットサーフィン

© 2018 mbPress All Rights Reserved.